誤嚥性肺炎で再び入院

朝、老健から電話があった。
高熱が出ているので内科を受診させたい。至急来るようにとの事だった。
朝ごはんも食べずに化粧もせずに急いで行った。急ぎ過ぎてお財布も忘れた。

着くと、ストレッチャーに乗せられていた。熱は39.7℃あるとの事だった。解熱剤を入れて少し下がったようだった。内科の受診まで1時間以上もあった。

内科を受診し誤嚥性肺炎であろうという事であった。
で、夕方、再び入院。
また大量の荷物を一人で運んだ。
朝から夕方まで何も食べておらずジュース一本も飲めずにヘトヘトになった。
倒れそうだった。

母の誤嚥性肺炎は幸いそれほど重篤ではないようだった。
それが判り母の寝顔を見ていると、急に腹が立ってきた。

本人も辛いだろうけど・・・、母はなんで私を苦しめるのだろう。

不穏にならず機嫌よく老健に5月の末位までいてくれたら、再び入院などという事はなかったのに。
5月末までしっかりリハビリをして足腰を鍛えてくれたら良かったのに・・・。
5月末までに母のベッドや布団を綺麗にして家でしばらく看ようと思っていたのに・・・

一番の問題はこの入院後だ。
再び、老健へ戻るのか?
リハビリが目的で入ったのに精神安定剤を飲まされて傾眠状態になっていたら又、誤嚥を繰り返す。
意味がない。

老健には戻らない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

風

Author:風
貧血、椎間板ヘルニアはかなり良くなってきました。
病気以来、身体に良い物を食べる事、適度な運動をする事は大切であると痛感しています。
普通に生活できる事は素晴らしい事であり、感謝するべきものなんですね。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Ranking
PR
PR
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR