精神安定剤(リスペリドン・リスパダール)って怖い

昼間、洗濯ものを持って老健へ行った。
入所者が普段いる居間を通り母の部屋へ行ったが母はいなかった。
リハビリ中なのかなと思いながら、洗濯物を整理していた。

私がキョロキョロ、ウロウロしていると、介護士の人が「お母さんはここですよ」と案内してくれた。
居間である。
いつも母が車椅子で座っている居間のテーブルである。

私は「え?どこですか?」と尋ねた。「ここです」「え?どこですか?」
この会話を3、4回繰り返し、私はようやく母であることに気が付いた。

あまりにもいつもと違う。
車椅子に座らされてはいるものの身体は傾きグッタリしている。

私がエレベータ―から降りると、すぐに私に気づき名前を呼んでいた母。
まだ姿は見えてないはずなのに何故気づけるのか不思議で仕方なかった。
私の臭い?動物的嗅覚?
私の足音?動物的聴覚?
本当にいつもクスッと一人で笑っていた。

そんな母が今日は首をうな垂れ、ほとんど眠っている感じであった。車椅子に座らされたまま。
私は茫然。かなりショックな表情をしたと思う。
精神安定剤(リスパダール・リスペリドン)が効き過ぎているのだろうか?


そこへ看護師長さんが入って来て、説明したい事があるのでと別室へ案内された。
看護師長さんは私が不安に思っていることを先にどんどん説明してくれた。

精神安定剤は不本意だけど、あまりに言う事を聞かないので致し方ない事。
リハビリをしっかりしたいのであれば本来は精神安定剤は飲まさない方が良い事も承知の上で不本意ながら安定剤を投与している・・・という感じに聞こえた。
漢方薬とも併用している。
漢方薬の効き目はゆっくりなので、漢方が効いて来たら精神安定剤は減らしていく方向との事だった。

足腰は入院中よりも頑丈になっているようだった。
5月半ばに退所できるかもしれないけど、まだ母のベッド周りの整理が出来ていない。
温かくならないとなかなか出来ない。
あと、私の閉経、早く!

なので、こちらの希望としては5月末か6月の中旬に家に連れて帰りたいと言っておいた。
また私の負担が大きくなることは判っているけれど・・・

でも、退所後云々よりも母の現状がかなりショックであった。
あんなにグッタリした状態で大丈夫なのか?
夕方には目が覚めるのだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

風

Author:風
貧血、椎間板ヘルニアはかなり良くなってきました。
病気以来、身体に良い物を食べる事、適度な運動をする事は大切であると痛感しています。
普通に生活できる事は素晴らしい事であり、感謝するべきものなんですね。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Ranking
PR
PR
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR