ずっと気になっていた苛性ソーダ

数年前、手作り石鹸に少しだけ嵌っていた。
でも、だんだん作らなくなり、苛性ソーダが130gほど容器に残っていた。

水に薄めてお風呂場に流す人もいれば、川に流す人もいるらしい。

容器には”劇物”と記してある。

どんなに面倒でも環境破壊などはしたくない。
私のせいで誰か(動植物も含めて)に迷惑をかけたくなかった。

産廃業者を探した。

市に苛性ソーダを扱っている業者が1件だけあった。
だが、わずか130gなかなか取りに来てくれない。
2、3日待って、ようやく取りに来てくれた。

2100円のお代金を支払い、無事、我が家から”劇物”は去った。

手作り石鹸、手を出しやすいけど、苛性ソーダは、なかなか厄介なものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

気持ちが解る~置いておきたくないし

手作り石鹸って聞こえは優しいエコなイメージでしたが、何とそうか石鹸にするのにはまた劇薬だったんか~よく解っていませんでした… 僅かな量でも持っていたくないですよね、専門の所へ処分に出せて良かったですね!
プロフィール

風

Author:風
貧血、椎間板ヘルニアはかなり良くなってきました。
病気以来、身体に良い物を食べる事、適度な運動をする事は大切であると痛感しています。
普通に生活できる事は素晴らしい事であり、感謝するべきものなんですね。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Ranking
PR
PR
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR