嵐の中のSummer Angels

7月から、ロクなことがなかったのだが、そんな中、本当に両隣のFさん、Sさんには、何とお礼を言ってよいか判らないほどだ。
先日、快気祝いをお渡ししたのだが、まだまだ物足りない。

Sさんは救急車で運ばれるときについて来てくださり、毎日、病院へ来てくださった。
母の様子などを聞かせてくださった。
退院時もご夫婦で迎えに来てくださった。
母の食事もFさんと交代で運んで下さったそうだ。

Fさんは7月から私が貧血であることをご存じで、お買い物にいらっしゃる時は、「何かあれば一緒に買って来ますよ」と声をかけてくださった。
ホウレンソウやレバーを頂いたりした。
私が入院してからも、母の食事や猫のフードまであげてくださっていたそうだ。
退院時は部屋の掃除をして下さった。

親戚でもないのに、ただ、たまたま隣人というだけで・・・
申し訳ない。
有難い。

私が働けて毎月、決まった収入があれば、毎月、何か美味しい物、オシャレなものなどをお届けしたいくらいだ。



あと、ご近所のMさん。
私の貧血を知って、わざわざレバーを買って来てくださったり、味付けしたレバーを持って来てくださった事もあった。


そして、可愛い姪っ子Rちゃん。
7月から2週間に1度くらい、猛暑の中、電車で1時間以上かけて、お見舞いに来てくれた。
お花や、お寿司など食べやすいものを持参してくれた。
心細かった私は本当に嬉しかった。


私はこの4人の人たちを真夏の天使さんと心密かに呼んでいた。
本当にご恩返しをしたい。しなきゃね。






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

風

Author:風
貧血、椎間板ヘルニアはかなり良くなってきました。
病気以来、身体に良い物を食べる事、適度な運動をする事は大切であると痛感しています。
普通に生活できる事は素晴らしい事であり、感謝するべきものなんですね。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Ranking
PR
PR
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR