面談

猫ちゃんの頭の傷は化膿することもなく塞がって来たし、とにかく食欲、元気はあるので、病院へは連れて行かなかった。
連休中は不安だったけど、昨日なんてドタドタと走り回っていた。
こんな猫を病院へ連れて行ったら獣医さんにポカンとされてしまう(笑)


今日、13時過ぎに病室へ行くと、母はやはり寝ていた。
熱はなく食欲もあるとのことだが、咳や痰が出ていた。
今日も眠そうだったのであまり話さなかった。
ただ面談まで時間があるので、そのままずっと病室にいた。

隣のベッドのお婆さんが亡くなったようだった。
土曜日は気持ち良さそうに眠っていたのになぁ。。。
やはりお年寄りは急に何が起こるか判らないものなんだ、と思い、なんとなく気分的に落ち込んだ。

面談予定時間がかなり過ぎた頃に、名前を呼ばれ面談室へ行った。
リハビリ担当者だけとの面談と思っていたのだが、結局、主治医、看護婦長、リハビリ担当者、相談員そして私の5人での面談だった。
入院してから今までの経緯などをただ聞くだけだった。
そして、了承したら署名をするというだけ。
三ヶ月に一度、こういう面談をする必要があるとの事だった。

私の希望を訊かれた。
母は咳や痰が出ているし、隣のベッドのお婆さんは亡くなっていたしで、”希望”と言われても、何も言葉が出て来なかった。
ようやく「笑っている時間が少しでも増えると良いなぁと思ってます」と、言った。

リハビリ担当者からバーに掴まって歩けているという話を聞けたことは嬉しかった。
この施設に入る前、1回だけベッドがら降りて立つことが20秒程出来た。
それが最高だった。

今は歩けている!
でも、トイレまで車椅子で連れて行き、立たせて便器に移らせるという事は、ここの施設ではしていない。
普通に考えて無理だ。
いつ便意があるか判らないし、人員的に不可能なのは理解できる。

特養でユニットタイプだと、そういう事をしてくれるのだろうか?
でも、トイレ云々よりも、頻繁な発熱、痰、咳の方が問題だもの。
そうなると、今の病院の方が安心。

少しでも母にとって快適な方が良いのだが、なかなか難しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

風

Author:風
貧血、椎間板ヘルニアはかなり良くなってきました。
病気以来、身体に良い物を食べる事、適度な運動をする事は大切であると痛感しています。
普通に生活できる事は素晴らしい事であり、感謝するべきものなんですね。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Ranking
PR
PR
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR