涙がこぼれた

昨夜は新しい睡眠薬のお陰でわりと静かだった。
朝には大きな元気な声で私を起していたし、グッタリしている事もなかった。

14時にT病院へ行った。
相談員さんと詳しく話をした。
費用も意外と安かったしリースの為、洗濯物の心配もないようだ。

随分と楽が出来そうだと思った瞬間、母の嬉しそうな顔、笑った顔が浮かんだ。

なんか可哀想な気がしてきた。
あれだけ処遇に困りケアマネさんにも無理なお願いばかりしてきたと言うのに・・・。

T病院は山深い所にある。
今まで入院していたC病院のように駅前ではなく、お店もなにもない。
洗濯物はないし全く行かない家族もいるだろう。
山の中に見捨てられた老人・・・という感じがしないでもない。
実際、そういうお年寄りもいるんだなろうなぁー。

相談員さんとの話が終わった頃、ケアマネさんも来て下さって、「自分が楽する為に母に可哀想な思いさせるようで・・」などと話しているうちに涙が出た。
ケアマネさんは共倒れになってはいけないので気にすることはない、お見舞いに来てあげればいいと言ってくれた。

今日の母は食事は普通に食べた。
朝方は起きていたが、14時から22時まで寝ていた。
食事は22時。
お薬は飲ませたけれど、朝まで静かに眠るかな?


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

風

Author:風
貧血、椎間板ヘルニアはかなり良くなってきました。
病気以来、身体に良い物を食べる事、適度な運動をする事は大切であると痛感しています。
普通に生活できる事は素晴らしい事であり、感謝するべきものなんですね。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Ranking
PR
PR
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR