入院→白髪→ヘナ

母が退院してから鏡を見る余裕もなかった。
今日、ふと鏡を見ると、ガァーン、生え際の白髪が増えている・・・・

ヘナしよう!と思った。
介護になんか負けない。

20代の頃からヘナはしている。
当時は購入するだけで大変だったけど、今はネットで簡単だ。
20代、30代の頃は真っ黒な髪を少しでも明るくする為に、時々、ヘナをしていた。
真っ黒い髪が嫌いだった。ストレートなら素敵だけど私の場合はすごい癖毛。
黒くて癖毛って、すごーくMy Typeではなかった。
黒やブラウンでストレートの女子を見かけると見惚れたものだった。
結論!
真っ黒い髪にヘナをしても全然、明るくならなかった(笑)

ただ、トリートメント効果はあるように感じた。
だから、時々、思い出したようにヘナをしていた。

なので、ヘナの扱い方はもう慣れたもの。
今は、最近は、黒髪を明るくするのが目的じゃなくて、白髪に少しでも色を付けるのが目的(悲しい・・・)
で、白髪にヘナをするとオレンジになる(白髪占有率がアップするとヘナにプラスして木藍で染める人が多いようだ)。

このオレンジ色を少しでもダークにしたくて、コーヒー、紅茶などでヘナを溶くのだが、お湯だけで溶いても大差ないとの実験結果をどこかのヘナ屋さんがネット上で公開していた(笑)
だから私も最近はお湯だけだったり、なんとなくコーヒーだけとか、紅茶だけとか適当に溶いていた。

で、今日!
何を思ったか、久々に試そうと思い、色々とmixしてみた。
すると、今までヘナが手に付着するとオレンジ色になっていたのだが、今日はオレンジじゃない!
掌を見ると茶色になっていた。
うん?これは!?
白髪も濃い色に染まる??

ヘナを塗布したまま待つ事、6時間。







先ほど、ヘナを流し、髪を乾かしてみると・・




やっぱりオレンジでした(爆)


あぁ、そのうち、ヘナ プラス 木藍を購入することになるのね (;_;)
スポンサーサイト

入院

1月のある日、朝起きてみたら母が頭から血を流していた。
その血が止まらない。
で、救急車を呼ぶ。
母が言うには夜、寝ていると猫が枕元にやってきて何やら物を落しそれが頭に当たったとか・・・・
本当なのか夢なのか・・・
枕元には特に何も置いてないし、猫たんは今までそういう悪さはしたことがない。
こけて頭をぶつけたんじゃないのかしら?と思ったり。

病院に着き、4針ほど縫ってもらった。
4針というか今はホッチキスなんですねー。ビックリ。
幸い、そのまま帰宅。
1週間後、外来で抜糸。



2月のある日、朝から若干、元気がない。
昼頃、熱を測ってみると40度近くあった。またまた救急車。
1月のように笑いで済まない感じ。
菌が全身に回り、敗血症と診断された。
年齢が年齢なだけに重篤な状態だと言われた。
幸い、次の日、熱が下がり、またその次の日、ICUから一般病棟に移った。
しばらくしたら食事も出て、お風呂に入れてもらった。
3週間近く入院し、先日、退院したばかり。

また退院したら退院したで大変だ。
足腰が弱り、病院ではずっと寝たきり、オムツだったので自力排泄の感覚がなくなったようだ。
ずっと目が離せなくなった。




検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR