嵐の中のSummer Angels

7月から、ロクなことがなかったのだが、そんな中、本当に両隣のFさん、Sさんには、何とお礼を言ってよいか判らないほどだ。
先日、快気祝いをお渡ししたのだが、まだまだ物足りない。

Sさんは救急車で運ばれるときについて来てくださり、毎日、病院へ来てくださった。
母の様子などを聞かせてくださった。
退院時もご夫婦で迎えに来てくださった。
母の食事もFさんと交代で運んで下さったそうだ。

Fさんは7月から私が貧血であることをご存じで、お買い物にいらっしゃる時は、「何かあれば一緒に買って来ますよ」と声をかけてくださった。
ホウレンソウやレバーを頂いたりした。
私が入院してからも、母の食事や猫のフードまであげてくださっていたそうだ。
退院時は部屋の掃除をして下さった。

親戚でもないのに、ただ、たまたま隣人というだけで・・・
申し訳ない。
有難い。

私が働けて毎月、決まった収入があれば、毎月、何か美味しい物、オシャレなものなどをお届けしたいくらいだ。



あと、ご近所のMさん。
私の貧血を知って、わざわざレバーを買って来てくださったり、味付けしたレバーを持って来てくださった事もあった。


そして、可愛い姪っ子Rちゃん。
7月から2週間に1度くらい、猛暑の中、電車で1時間以上かけて、お見舞いに来てくれた。
お花や、お寿司など食べやすいものを持参してくれた。
心細かった私は本当に嬉しかった。


私はこの4人の人たちを真夏の天使さんと心密かに呼んでいた。
本当にご恩返しをしたい。しなきゃね。






スポンサーサイト

お年寄りの気持ちが・・・

今まで多少、虚弱体質ではあったものの大きな病気もなく、長期入院の経験もなく元気にやってこれた。
8月に椎間板ヘルニアになり歩けなくなり、初めて体の不自由さを知った。
思うように歩けないということは、こんなにもつらい事だったんだ。

お年寄りの気持ちが少しは判ったかもしれない。

判る?

いや、今まで考えたこともなかった私が、自分がこういう状態になっただけなのだが・・・。
でも、今までより少し、十分の一?百分の一かな?
お年寄りのご不自由なご不便な気持ちが判ったような気がする。


実際に歩けなかったのは入院時の6日間と退院後の2日ほどで、その後は徐々に歩けるようになった。
この短い間だけでも本当に辛かった。
もちろん、今も痛みや痺れは続いている。歩けると言っても10分くらいが今のところ最長だ。
これがいつまで続くのが本当に不安だ。
元に戻れるのだろうか・・・・



母の症状

母はアラナイ(around ninety)の割には元気なのかなぁ。。。
腰は曲がり、足もヨロヨロしているが、トイレも自分で行くし、シャワーも一人でしているし、食欲もある。
簡単な掃き掃除や庭の草むしりなどはすすんでしてくれる。

でも、時々。。。

私が誰だか判らなくなる。兄嫁さんだと思ったり、親戚の子と思ったりしているようだ。
家族は二人なのだが、もう一人いると言ってみたり・・・。

時間帯は大抵、夕方から夜にかけて。

朝起きたら、ちゃんと私が誰か判っているし、家族は二人だと判っている。

特に暑い時期は頭がぼーっとするのか、その症状が多かった。
7月から私が貧血で、母は食器洗いなどをしてくれるのだが、その際、頻繁に症状が出た。

あと、私が調子が悪くなり横になっていると、この寝ている人は自分の娘じゃないと思いたいのか、私が誰かわからなくなる。

早く元気にならないといけないのになぁ。気ばかりが焦る。



最愛の猫ちゃん

今朝、2か月ぶりかなぁ。猫ちゃんのブラッシングをした。
この夏は本当にかわいそうな思いをさせた。

10月で10歳になるのに、甘えん坊。

7月の初めからずっと私の調子が悪くて”なにか変だニャ”と感じていたはずだ。
8月に6日間、椎間板ヘルニアで入院した時は心細かっただろうなぁ。。。
今も、さっさっとフードをあげられないし・・・


猫ちゃん
白の半長毛で金色の目。肉球、鼻は桜色。

10年ぶりに飼い、私の人生最後の猫と思い、本当に猫可愛がりした。
なので、とっても我儘。
そんな子が我慢しているんだなぁと思うと不憫だ。




夕食を作っていたら

昨日、採血されたので、血液を増やそうと思い、牛肉料理を作った。

もともと、お肉はあまり食べなかったのだが、7月に貧血と診断されてから、レバーなども含め食べるようにしている。

料理も苦手なので手順が悪い。

手早く作れないので、やはり足腰に負担がかかり、料理の途中で横たわること数回・・・・

椎間板ヘルニアだけなら、ここまでしなくてもいいのだが、貧血持ちだから必死で料理をしなければならない。

私が横たわると高齢の母が手伝うと言う。

それが辛い。

口で言ってもその通り行動できないし、何よりも母の調子も悪くなる。
本当に早く足腰が治らないと、私たち二人は猫はどうなるんだろう。。。

安静なのかそろそろウォーキングなのか!?

立ったり座ったりする時が一番、怖い。

右足の痺れは常にあるし・・・

でも、痛みというか違和感を感じながらも歩けることは歩ける。


まだまだ安静でいるべきなのか!?
それとも、ウォーキングとか少しずつ動かしていったほうが良いのか!?

退院後、主治医から「歩けているから良かった。もう何もすることはありません」と言われた。
私はリハビリとかあるのかな?と思っていた。
友人にも尋ねてみたが、安静にしなきゃダメという人と、少しずつ動かさないと!という人と。
うーん、困った。

他の整形外科を探そうか?それとも整骨院がいいのか?

リハビリやマッサージ的な事をして貰いながら、病気について、色々と質問したい。
原因とか、再発を防ぐ方法とか。

大切な血液が・・・

2か月前に貰った貧血のお薬がなくなったので近所の内科へ行った。


当然、採血・・・・

あぁ。。。足腰が痛い中、8月灼熱地獄だった中、頑張って料理したのになぁ。。

あんなにたくさん取らなければ検査できないのかしら?
せめて、あの量の半分、三分の一でお願いと・・・思ってしまった。
しかも今日は暑い。

暑いとフラフラしちゃって、今晩の夕食が作るのが怖い。。。

足腰はじっとしていても痛い。
特に座ったり立ったりの時が一番、ギクッとなる。

椎間板ヘルニアになってしまった

退院して、ほぼ1か月。
まだ、足腰が痛い。歩けるだけマシなんだろうか!?

最初は右の足腰の痛みだったのだけど、ここ2、3日、左の足も痛み出した。
たぶん、右側を庇っているせいかな!?

痴呆が時々でる、高齢の母に申し訳ない。

我儘放題だった猫に申し訳ない。

検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR